lib-mus

図書館と博物館をつなぐ存在になりたい。

大学時代の探究心を見失う

ふと大学時代を懐かしいと思うときがある。

 

日曜以外は、

大学、課題、アルバイトの繰り返し。

 

学部1〜2年の課題の多さから

いつのまにか調べることが好きになった。

 

知らないことを調べ、

注や参考文献からヒントをもらい、

広げていく。

 

文章にしたり、カタチにするより

見えないゴールを探し続けることがなにより楽しかった。

 

だから、研究の道に進めなかったんだけど。

 

ふとしたときに

研究の道に進んでいたら今頃ああしてたなぁって思うけど、

社会人になって、図書館員になって、そして今、いろんなことを経験できて、今後に活かしていかないとへにゃってなってしまう。

 

コロナ禍で

仕事に対する考え方や生き方が少し変わってきた。

 

今模索中だけど、

どんなことも楽しんで取り組めば、

いろんなことが見えてくると信じている。

 

大学時代の探究心を思い出しながら、

自分の強みに磨きをかけなきゃ。

 

来週からがんばろっと。

(メモ)ねこの模様について調べるときにチェックする本

『ネコもよう図鑑: 色や柄がちがうのはニャンで?』 

https://www.amazon.co.jp/dp/4759820159/ref=cm_sw_r_cp_awdb_btf_c_CYRDFb9BEXZYZ

 

『美しい柄ネコ図鑑』 

https://www.amazon.co.jp/dp/4767822246/ref=cm_sw_r_cp_awdb_btf_c_w0RDFb9XYNXYH