lib-mus

図書館と博物館をつなぐ存在になりたい。

気になる本はまず手に入れて自分の積ん読エリアに

気になる展覧会はまず足を運んで
気になる本はまず手に入れて
気になる人にはイベントなどに出向き生の声を聞いて

それが大学時代の習慣だった

大学時代、お金なかったけど
いつも心がけていた

大学時代よりも
1冊の本に対する発行部数?が少ないので
気になった本は即手に入れないと売り切れてしまう

とくに
元々発行部数が少ないリトルプレスや
海外のローカルな出版社から発行される洋書はね。

積ん読エリアが充実してるほど
ゾクゾクワクワクする

ふふふ