lib-mus

図書館と博物館をつなぐ存在になりたい。

美術史クラスタ必読!カレントアウェアネスの2018年11月の記事

先月は、

ミュージアムライブラリーにとって変化と希望でいっぱいの月でした。

 

国会図書館で発信するカレントアウェアネスをみてもこの充実ぶり。

美術史クラスタにはぜひぜひチェックしていただきたい。

美術史クラスタには使い倒してほしいなぁ。

 

早稲田大学坪内博士記念演劇博物館、収蔵資料のデジタル化ガイドラインをCC0ライセンスで公開 | カレントアウェアネス・ポータル

 

中国・テンセント、ブラジル国立博物館と協力しデジタル博物館を構築することを発表 | カレントアウェアネス・ポータル

 

独立行政法人国立美術館、「所蔵作品総合目録検索システム」での所蔵作品の「歴史情報」の公開を開始 | カレントアウェアネス・ポータル

 

川崎市市民ミュージアム、日本脚本アーカイブズ推進コンソーシアムが寄贈したテレビ・ラジオ番組の脚本・台本約8,000冊を追加公開 | カレントアウェアネス・ポータル

 

米国の博物館・図書館サービス機構(IMLS)、2018年度の業績報告書を公開 | カレントアウェアネス・ポータル

 

愛知県美術館、1,200件を超すパブリックドメインのコレクション画像を自由に使えるようにしたと発表 | カレントアウェアネス・ポータル

 

京都国立近代美術館・国立国際美術館、蔵書検索(OPAC)を公開:国立美術館全6館のデータベースを横断検索する「国立美術館総合検索(仮称)」も準備中 | カレントアウェアネス・ポータル