lib-mus

図書館と博物館をつなぐ存在になりたい。

書店のオンラインショップをみていると実際に足を運びたくなる

お世話になっている書店、

いつも気になっている書店、

密林、

大型書店、

…。


どれもオンラインショップを持っているけど、

それぞれの書店が取り扱っている資料をすべてオンラインショップにアップしているわけではない。


先日初めて足を運んだ書店で、

びっくりするボリュームの本と

え!なにこの出版社?と思う本と

オンラインショップで気になってた本の紹介と実際手にとって読んだ感じと違う本と

いろいろ感じた。


少数のスタッフで運営している書店だと、

オンラインショップにアップする労力が大変だという声をたまに聞く。

でも、そうした書店のオンラインショップは、書誌情報や本の説明、著者の特徴など、1冊に対する思いと情熱が伝わってくるから、購入したくなるし、このほかにもいっぱい魅力的な本があるんだろうなぁと想いを馳せる。


だから、実際足を運びたくなる。

そして、書店のスタッフの人とお話しして情報共有したいなぁと思う。