lib-mus

図書館と博物館をつなぐ存在になりたい。

ミュージアムショップとわたし

みなさんは美術館や博物館に足を運んだとき、ミュージアムショップに立ち寄るだろうか??


ミュージアムショップには

美術館の出版物(特に一般流通にのっていないものは要チェック。開催中の展覧会以外にも過去のも取り扱いあり。)

学芸員の執筆資料

美術館の目玉コレクションの関連資料やグッズ

美術館がオリジナルでつくったグッズ(なぜこの作品をチョイスして、どう使いこなせばいいのかわ

からないグッズもあるのがまた楽しい)

輸入のポストカード

アクセサリー類

なにがこの美術館と関連あるのかわからないもの

…などの取り扱いあり。


大規模展が開催されると、その企画展のためにミュージアムショップがブースとして設置される。でも、そうしたときも、普段あるミュージアムショップも覗いてみて欲しい。


ミュージアムショップで働く人は、

美術に対する情熱がすごくて、

スペースの関係で置いていないグッズや資料などの情報を提供したり、

関連するものを瞬時に判断して教えてくれたり、

美術館に足を運ぶプラスαの場作りがうまい

と思う。


ミュージアムショップには、

仕事に役に立つことがいっぱいあるし、

美術館の新たな一面を拝見できるし、

展覧会を見て終わりにさせない工夫を感じるし、

ただなにも目的なく足を運んでもウェルカムな場

などがある。


ミュージアムショップがあるのが当たり前ではなく、

ミュージアムショップがそこに存在し続けてくれていることに感謝してます。


いつもありがとうー