lib-mus

図書館と博物館をつなぐ存在になりたい。

データベースと友達でいるために

大学時代を思い返してみると、

有料無料関係なく、データベースを使いこなせてなかったなぁと思う。


先生よりは

データベースを知っていたけど。


自分から情報を得たり、使ってみたりしないと、データベースの魅力はわからない。


研究を通して、

日々のデータベースとの向き合い方は重要だと思う。


今の自分の仕事は、

それを利用者に発信し、共有していくこと。


それぞれのデータベースには、

構築や維持していくために努力してくださる人々がたくさんいて、利用するわたしたちには予想できないお金がかかっている。


それをこの仕事に就いて、

初めて学び、

心から感謝する毎日。


値上がりするデータベース利用料には頭を抱えるけれど、さまざまな要因があるので、一概に悪いとはいえない。


データベースと友達でいるために

明日も頑張ろうっと。