lib-mus's blog

図書館と博物館をつなぐ存在になりたい。

国立民族学博物館の図書室

図書室とは

 

大学時代、国立民族学博物館(以下、みんぱく)の図書室には

大変お世話になりました。

 

民族学のことを調べ始めたら、

大学図書館に所蔵がない資料がたくさん出てきて

この図書室には所蔵があって、

嬉しくて嬉しくて。

 

久しぶりに足を運んでみたいなぁ。

 

みんぱく図書室

サイトによると、所蔵資料は約64万冊とのこと

民族学の資料を多く集めていて、ここにしかない資料がいっぱいある

開架式になっているのがありがたい

18歳以上の方は、図書の貸出も可能

 

データベース

htq.minpaku.ac.jp

 

データベースのところで、

各項目にカーソルを合わせると、データベースの短い解説が出てくる。

 

私が利用するのは

民族学研究アーカイブズ資料

・服装・身装文化資料

・映像・音響資料(の中でも写真!)

 

かな。

 

データベースごとに検索の仕方や特徴が異なるので、

慣れるまで大変かもしれないけど。

 

データベースの説明のページに「制作スタッフ」の名前がある。

 

民族学研究アーカイブ

国立民族学博物館|民族学研究アーカイブズ

 

みんぱくリポジトリ

minpaku.repo.nii.ac.jp