読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lib-mus's blog

図書館と博物館をつなぐ存在になりたい。

【美術史クラスタ】あー調べ方がわからん…と思ったら、レファ協のココをチェック♪

美術史クラスタのみなさま。

 

美術史に出てくるある作家や作品、

自分の研究対象外の調べもの、

自分の研究の細かなもの、

など、「あー調べ方わからん…」と思ったことはありませんか。

 

わたしは大学時代、何度も思いました。

 

友人や先生に聞いてもいいんだけど、

なにか自分だけで調べてみたい!すぐ調べたい!!

と思っていたわたしがたどり着いたのが、

レファレンス協同データベースでした。

 

このサイトは、

国立国会図書館が、参加協力している図書館から、さまざまな図書館に寄せられたレファレンス(調べものに関する質問回答)を集約して、ベータベース化しています。

詳しい説明は、こちら

 

美術史クラスタには、ぜひ活用してほしいです。

 

わたしのおすすめは、調べ方マニュアル

この検索は、答えではなく方法を知るために有効な検索です。

例えば、医学や薬学などざっくりとしたものの検索したいときに使うと 便利です。この検索では、

  • 図書館の司書は、どのように調べているのかがわかる
  • 自分がいままで行なってきた検索のやり方以外に、なにか方法はあるのか

を知ることができます。

最初から、詳細検索として調べ方マニュアルを選択しなくても、トップページから検索し、調べ方マニュアルの事例が出てきたら、チェックしてみるといいかもしれません。

 

美術史クラスタにチェックして欲しい調べ方マニュアル

美術史クラスタにチェックしてみてほしい調べ方マニュアルは、

美術作品、画家の調べかた(提供:大阪市立中央図書館)

調べ方の近道案内 28 美術について調べるには(改訂)(提供:福岡県立図書館)

美術に関する情報の調べ方 (提供:近畿大学中央図書館)

の3つの事例です。

 

ぜひ、レファ協を活用してみてください♪