読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lib-mus's blog

図書館と博物館をつなぐ存在になりたい。

システィーナ礼拝堂500年祭記念 ミケランジェロ展 天才の軌跡 @国立西洋美術館 :展示空間が素敵だった

展覧会

システィーナ礼拝堂500年祭記念 ミケランジェロ展 天才の軌跡

国立西洋美術館

2013.9.6-2013.11.17

 

さまざまな媒体で注目されていたミケランジェロ展。

 

これは絶対に実見しておかなければ!ということで行ってきました!

 

全体の感想

全体の感想としては、作品にきゅんきゅんしたというよりも、展示空間のまとまりにきゅんきゅんしました。

大変混雑していたのに、全く苦にならず、むしろ夢中になって、「え!!!もう終わりやん。」と思ってしまったほど。

 

一番気になった作品

 

《ブオナローティ家の紋章入り皿》(16世紀中期、マヨリカ焼)です♡

  • やさしい青のタッチ
  • 作品と対峙したとき素朴感
  • 位の高い天使の顔が青ざめている

 という点に惹かれました。

マヨリカ焼って、どのくらいの知名度なのかしら?今度調べてみようっと。

 

 

来館者 

展示室では、とても静かで、じーと作品と対話している人が多かったです。

誰かと一緒に来ていても、各々作品と対話している姿をよく見かけました。

 

来館者の半数ぐらいが音声ガイドを使用していたので、それも理由のひとつなのかもしれません。

 

 

作品解説パネル

 

大変読みやすい文章でした。

「作品番号3は〜」という書き方をしており、その作品はすぐ近くにあるので比較しやすかったです。

ここにデザインが施されていると大満足でした。

 

 

ココがポイント

ソファに、「作品解説パネル 拡大文字版」のテキストが置いてありました。

作品画像がカラーだったので見やすかったです。

大勢の人が来館する展覧会では、このような取り組みは必要ですね。実施している展覧会は年々増えているように感じますが、作品画像がカラーではなかったり、文字のデザインがぐぬぬだったりする場合が多いです。