読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lib-mus's blog

図書館と博物館をつなぐ存在になりたい。

ソフィア王妃芸術センター所蔵 内と外-スペイン・アンフォルメル絵画の二つの『顔』 @国立西洋美術館 :エステバン・ビセンテのことを好きになった展覧会

現在開催中の展覧会「ソフィア王妃芸術センター所蔵 内と外-スペイン・アンフォルメル絵画の二つの『顔』」に行ってきましたー!!

 

全体

学芸員がわたしたちに伝えたいことが明確で、旨味がぎゅっとなっている感じがしました。

欲を言えば、もう少し多くの作品で比較をみたかったです。

 

きゅんとなるポイント

きゅんとなるポイントとしては、

  • サウラとタピエスのキャプションが黒地に白文字になっていた。
  • 作品解説パネルに、過去の出品履歴が明記されていてわかりやすい。少し作家との距離を縮める書き方をしている。

です。こういうポイントにきゅんとしました。展覧会全体からみると、細かいところですが…

 

この展覧会を拝見して

この展覧会で、エステバン・ビセンテが好きになりました。

たぶん、エステバン・ビセンテの作品を初めて拝見したと思うのですが、

エステバン・ビセンテの作品が視界に入ってきたときの衝撃が忘れられません。

これから、いろいろ調べてみようと思います♪