lib-mus's blog

図書館と博物館をつなぐ存在になりたい。

名古屋市交通局 市営交通資料センター:図書資料が充実♪だが、ほとんど知られていない施設

先日、「名古屋市交通局 市営交通資料センター」に初めて行きました。

 

愛知県民では、ほとんど知っている人がいないらしい。

 

職員曰く、「知る人ぞ知る施設です!」とのこと。

 

名古屋市の予算がないのは承知しているが、

認知度が低すぎるのではないだろうか。

 

来館者

来館者は、

  • 鉄道マニア
  • 電車好きなお子様のいるご家族
  • 鉄道について調べたい人

が多いとのことです。

わたしが滞在している間に、来館した人は一人しかいませんでした。

来館者が少ない理由としては、

  • 名古屋市のHPにリンクがなく、名古屋市交通局のHPにしかリンクがないこと
  • 発信したくても、予算が少ない
  • 存在価値が理解されていない?

ことが挙げられると思います。

 

施設内容

  • 列車シミュレータ
  • 視聴覚コーナー
  • ジオラマコーナー
  • 閲覧コーナー
  • 記念スタンプコーナー
  • 展示コーナー

 

記念スタンプコーナー

記念スタンプコーナーには、

  • 市バス・ 地下鉄の記念イベントのために作られたスタンプ
  • 地下鉄の駅スタンプ
  • ◯◯線の◯◯形のスタンプ

など、約20種類のスタンプが設置してありました。

 

閲覧コーナー

名古屋市の市バス、地下鉄などについて調べるには、ぜひおすすめしたいです。

書棚は色分けされており、お子様にもわかりやすいようになっています。

閲覧席もあるので、ゆっくりご覧頂けます。

書棚にある本は、所蔵している本のごく一部だそうです。職員の方に相談すると、書庫から出してくださる場合があるとのこと。