読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lib-mus's blog

図書館と博物館をつなぐ存在になりたい。

岡崎市郷土館

先日、閉幕した「あいちトリエンナーレ2013」。

 

岡崎会場に足を運んだときに、

どうしても寄りたいところがあった。

 

それは、岡崎市郷土館。

 

愛知県民でも、

足を運んだことのある人は少ないかもしれない。

 

岡崎市郷土館は、

  • 大正2年に建物が完成
  • 平成11年に国の重要文化財に指定される
  • 平成22年4月から一般公開を中止→閉館(平成29年度末までの7年間閉館)
  • 閉館理由は、建物の修理と耐震補強工事を行うためとなっている

 

岡崎市郷土館の閉館に関するものとしては、

を参照していただけると良いかもしれない。

 

ニュース等で閉館したのは知っていたが、

なんだか信じられなくて、実際足を運んでみました。

 

f:id:lib_mus:20131027152455j:plain

 

 

f:id:lib_mus:20131027151014j:plain

 

 

f:id:lib_mus:20131027151139j:plain

 

 

f:id:lib_mus:20131027151120j:plain

 

 

f:id:lib_mus:20131027151113j:plain

 

 

門のところから建物を拝見するだけで感じる老朽化。

 

閉館する意味がやっと実感できた気がした。

 

じーんとして、さみしくなって、

この先、ちゃんと復活するのか不安になった。

 

ふぅ。

 

岡崎市郷土館は、閉館していますが、

建物の隅の方で一部開館しているところがあります。

 

f:id:lib_mus:20131027151741j:plain

 

 

f:id:lib_mus:20131027151738j:plain

 

入口左手には、竈がありました。

 

岡崎市郷土館の所蔵品は、

岡崎市内の博物館などで実見することができます。

 

岡崎市郷土館がまた復活することを願っていたいと思います。

 

工事前の岡崎市郷土館をご覧になりたい人は、

ぜひ足を運んでみて下さいませ。

 

写真では、言葉では、伝わらないものがあります。

 

広告を非表示にする