lib-mus's blog

図書館と博物館をつなぐ存在になりたい。

歴史巡りのための冊子に求めていること〜安城市教育委員会作成『歴史の散歩道』を例に〜

観光客のために、歴史巡りのための冊子(ガイドマップ)を作成する市町村は多いです。

HP上で、ダウンロードできるようにしている市町村もあります。

 

歴史巡りのための冊子の特徴

さまざまな歴史巡りのための冊子を手に取ると、

  • 何をアピールしたいのかわからない
  • 解説が難しすぎる
  • 自分の地域しかアピールせず、他のものとリンクしていかない
  • 地図の表記がわかりづらい(間違っている場合も)

などを感じます。

 

伝えたいことが山ほどあるのか、伝え方が上手くないのか、…ですが、パッとしない冊子が多い気がします。

 

歴史巡りのための冊子に求めていること

わたしが、歴史巡りのための冊子に求めていることは、

  • わかりやすいデザインであるか
  • 再びその地域に運びたい、その地域のことをもっと知りたいと思わせるか(ヒントを提示し、答えは自分で足を運んで探してみてね♪という雰囲気を感じとれるか)
  • 冊子の大きさがハンドタイプか

です。

 

歴史巡りなので、

移動手段が交通機関や徒歩を利用するので、

冊子の大きさは大事です。

 

最近手に取った冊子で良かったもの〜安城市教育委員会作成『歴史の散歩道』

最近、手に取った冊子の中では、

愛知県安城市教育委員会が作成した『歴史の散歩道』シリーズが良かったです。

 

良い点としては、

  • リーフレット状になっている
  • シリーズごとになっている。「古墳」「城」「お寺」「街道」など。
  • 地図と解説のバランスがちょうど良い
  • カラー印刷

ただ、

  •  シリーズ全体で、フォントやレイアウトに統一性がない
  • HPで公開していない

のが残念です。

 

安城市に足を運んだ際は手に取っていただきたいです♪

 

f:id:lib_mus:20130920103427j:plain