lib-mus's blog

図書館と博物館をつなぐ存在になりたい。

【オススメのサイト】博物館の建物ができる過程を知ろう♪〜三重の新県立博物館〜

三重県には、県立の美術館と博物館があります。

前者はオープンで親しみやすく、後者は閉鎖的でどこか距離を感じる人が多いかもしれません。

 

しかし、

来年、新博物館が開館されることで、

そのイメージが覆されるかもしれません!

 

新博物館が来年オープンします!

来年開館する新博物館は、

「三重県総合博物館」(愛称:みえむ)です。

HPはこちら

 

先日、みえむのイベントにお邪魔して、

開館前の博物館の内部を見学させていただきました。

 

旧博物館とは違い、

明るく、

わかりやすく、

学芸員の想いがわたしたちに届きやすく、

一人ではなく誰かと一緒に訪れたい空間になっていました。

 

わくわくどきどきです!!

 

オススメのサイト

今日は、みえむのHPから、オススメのコーナーがあるので、ご紹介します。

 

それは、

三重県の新県立博物館整備について/☆スケッチ記録

です。

 

美術館や博物館が開館するとき、

  • 設計者は誰か
  • どのような経緯でオープンすることになったのか

などをHPに公開することはよくありますよね。

でも、そういう場合、つまらない提示の仕方で、何を伝えたいのかよくわからない。

 

だから、美術館の建物が完成する過程って、意外と理解していないと思うのです。

 

このサイトは、カラーの手描きスケッチなので、大変わかりやすいです。

 

企画してくださった方に心から感謝しております。

 

みなさまも、もしよければ、のぞいてみてください♪