lib-mus's blog

図書館と博物館をつなぐ存在になりたい。

【愛知県】【博物館】【図書室】愛知県内の図書室のある博物館

一つ前の記事に書いた「図書室のある博物館」の例として、愛知県を挙げてみたい。

 

愛知県の特徴としては、

  • 図書室というより図書コーナーと言ったほうがしっくりくる
  • 図書室の利用者数が、来館者数に比べてかなり少ないので、図書室までエネルギーがまわっていない
  • 配置の仕方はかなりシンプル
  • ブックリストを置いている館はほとんどない

などを挙げることができる。

足を運ぶたびに、「何のための、誰のための図書室なの?」と思う。

じっくり調査してみたい。

 

 

いくつか「図書室のある博物館」を挙げておく。

 

ヤマザキマザック美術館

 

名古屋市美術館

  • HPに記載あり
  • 閲覧しかできないが、え!!!という文献がちらほら。

 

名古屋ボストン美術館

  • HPに記載あり
  • 展覧会に関連する文献が閲覧できる。
  • 文献数と選択の仕方が抜群。

 

愛知芸術文化センター

  • HPに記載あり
  • 愛知県内の博物館ではダントツで素晴らしい
  • 貸出も複写もできる
  • ビデオコーナーが人気
  • 愛知県美術館で開催している企画展に関連した図書展示コーナーもある

 

トヨタテクノミュージアム 産業技術記念館

 

東浦町郷土資料館

  • HPに明記なし
  • 図書コーナーあり

 

愛知県陶磁美術館

  • HPに記載あり
  • 図書室の存在を知られていない…。わたしも行ったことない…。

 

稲沢市荻須記念美術館

 

愛知県下水道科学館

 

豊橋市自然史博物館

 

こども未来館 ここにこ

  • HPに記載あり
  • HPに記載あり
  • 子育てプラザ:絵本コーナー&情報コーナーあり
  • 体験・発見プラザ:まちづくりセンターあり(豊橋中央図書館の分館)

 

トヨタ博物館