lib-mus's blog

図書館と博物館をつなぐ存在になりたい。

【博物館】【図書室】芸術系の本を見つけるときの一つの方法

芸術系の本を見つけるとき、

  • 図書館へ行く
  • 書店またはネットで購入する
  • ネットで閲覧する
  • 古書展で偶然出会う♡

など、さまざまな方法があります。

みなさまは、どの方法を利用することが多いですか。

 

例えば、図書館へ行くといっても、

公共図書館には、芸術系の本は限られた文献しかありませんよね。

博物館が密集している地域だと、アートコーナーやアート関係の図書展示などが設置されていたりしますが、

「展覧会図録ないやん!!!」「特定の美術館の所蔵リストがみたいのに!!」とか、文句を言いたくなることがあります。

そんなとき、最寄りの「図書室のある博物館」に足を運んでみて下さい♪

 

「図書室のある博物館」は、

1つの都道府県にそんなに多くあるわけではないです。

しかも、

  • 「うちの博物館には図書室あるで!!!!!」という博物館は少ない
  • HPをチェックしても図書室があるのかないのかはっきりしない。運営してるの?と疑問に思うことがある
  • 閲覧のみしかできない。複写サービスない…

ということがあります。

 

でも、

  • 貴重な文献を閲覧できる
  • 博物館の強みであるジャンルの文献が多いので、目的を持って足を運べる
  • その博物館の歴史を知ることができる
  • 博物館を支えているのは学芸員だけではなく…

など、感じることができると思います。

 

都道府県ごとで、

図書室のある博物館のレベルの差が激しいので、

こうしたざっくりした話しかできませんが、

ぜひ一度足を運んでみて下さいませ。