読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lib-mus's blog

図書館と博物館をつなぐ存在になりたい。

【郷土史】【自治体史】ネット閲覧の時代か…

郷土史

気になる記事がでましたね。

地方の歴史に脚光 郷土史や古文書、ネットで閲覧

 

 

自治体史は、愛知県史や名古屋市史のように、その自治体のことを知るには欠かせない資料です。

 

近年、その自治体史は、デジタル化が進んでおり、さまざまな自治体でデジタル化の試みがなされています。

 

デジタル化の試みがなされている自治体は、

梅田千尋氏のReaD & Researchmapのページの2011年の日誌に、興味深いまとめがあります。

自治体史デジタル化状況まとめ(1)

自治体史デジタル化まとめ(2)

現在は、自治体数が増え、さまざまな取り組みがなされていると思います。

勉強不足で把握できていませんが。

 

 

大学時代、民俗調査や郷土史を扱う上で、欠かすことができなかった自治体史。

 

今回の記事にあるように、データベース化などが行なわれ、ネットで閲覧できるのは、

  • わざわざ図書館に行かなくてもいい
  • すぐお目当ての箇所をさがすことができる
  • 画質が綺麗
  • 紙媒体の自治体史だと至ってシンプルな体裁で疲れるけど、そういうことはない

などの点において、うれしいことですよね。

 

でも、自治体史は、紙媒体だからこそ、楽しいと思ってしまう。

 

紙媒体の自治体史は、

  • 1冊におさまっている自治体史はほとんどなく、多くは複数の巻になっている。カテゴリー別にはなっているが。
  • 重たい
  • お目当ての箇所を探すのにたいへん時間がかかる
  • レイアウトがシンプルすぎて、つまらない

などの点において、疲れるときがあるけど、

  • ページをめくるたびに、自治体の歴史の1ページを拝見できた気がする
  • なかなか見つけ出せないところに、もやもやどきどきする
  • 複数の自治体を比較するときに、紙媒体の方が比較しやすい

     

などの点において、現在のところは紙媒体のほうが好きです。

 

これから、そういう道へ進むのか、チェックしていきたいと思います!!!

 

最後に、

そもそも、自治体史ってなんやねん!!と思ったあなた。

自分の出身地の自治体史だけは、目を通してほしい。

調べ方は、国会図書館のリサーチナビにありました。

こちら

ぜひ、ページをめくってみてください♪