lib-mus's blog

図書館と博物館をつなぐ存在になりたい。

【ロプロプ】【トリ勉】リアス・アーク美術館について

7月3日に、ロプロプの企画「あいちトリエンナーレをみんなで予習!トリ勉リターンズテーブル#03」に参加してきました!!

 

トリ勉には、初めて参加したので、

お邪魔するまで緊張していましたが、

いつもお世話になっている方々が参加されていたので、

すぐにいつものリラックス状態になりました♪

ありがとうございました。

 

今回、トリ勉で取り上げて下さった出品作家は、

わたしの大学時代に大変リンクしていたので、

大学時代を思い出したり、東京っていいなと思ったり、

なんだか昔のことのように懐かしくなりました。

ついつい余計なことまで発言してしまい、

申し訳ありませんでした。

 

トリ勉が、

こんなに有意義な討論会?になるとは思っていなかったので、

資料を持参しなかったことに後悔しました。

 

なので、今回取り上げて下さった出品作家の中で、わたしの大学時代の研究に近い、リアス・アーク美術館のことを少しだけ書きたいと思います。

 

リアス・アーク美術館

・場所:宮城県気仙沼市

・開館:1994年

・特徴としては、

  • 東北では珍しいタイプの美術館
  • 民俗資料と美術作品の両方の顔を持っている
  • 民俗資料としては、漁業や津波などの「水関係」が多い
  • 東北には、民俗学系のミュージアムがいくつも存在しているが、東北歴史博物館と並ぶ重要な美術館といえる。東北歴史博物館が伝統的な手法をとるのに対し、この美術館は現代美術寄りで親しみやすいのかもしれない。
  • 個性的な学芸員

 

個人的には、

大学時代の研究で、

漁業や津波などの「海関係」に力を入れているリアス・アーク美術館から学ばせてもらうことは多かった。

 

今回、あいちトリエンナーレ2013で、

美術館として参加する「リアス・アーク美術館」。

どのような手法で、そのような表現をするのかはわからない。

詳しいことはまだ見えてこないが、

いろんな意味で、リアス・アーク美術館が愛知に与える影響は大きい。

 

今回のトリ勉で、

改めてリアス・アーク美術館のことを思い、

どのようにコトバにしていいのか悩んだ。

 

ブログというカタチで伝えるのは、

上手くいかないので、

今度ゆっくり。

 

最後に、リアス・アーク美術館の震災後のニュースを一部載せておきます。