読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lib-mus's blog

図書館と博物館をつなぐ存在になりたい。

【中国美術】研究するきっかけ〜鈴木敬先生〜

中国美術

 

わたしが心の底から「中国美術を研究していきたい!」と思うようになったのは、ある研究者の著作との出会いでした。

その研究者とは、鈴木敬先生です。

 

鈴木敬先生に関する略歴、業績はこちら

 

鈴木敬先生は、

東京大学東洋文化研究所の所長

静岡県立美術館の初代館長 などを経験されているので、ご存知の方もいらっしゃるかもしれません。

専門は、中国絵画。

 

わたしが、鈴木敬先生の存在を知ったときには、

残念ながらお亡くなりになっていましたので、

直接お会いすることはできませんでした。

実際、お会いしたことのある方に、鈴木敬先生のお話しを伺うたびに、

もっと早く生まれたかったと後悔しています。

わたしがあと10年ぐらい早くこの世に誕生していたら、お会いできていたのかも。

 

鈴木敬先生の『中国絵画史』(吉川弘文館)(Amazon)を拝見したときの衝撃は今でも忘れることができません。

この著作は、シリーズになっており、時代の変遷を感じながら、中国絵画を学ぶことができます。

高額なので、図書館などで閲覧していただくと良いかもしれません。

鈴木敬先生の文章は、多くの事例を比較しながら、正解ではなく多くのヒントを与えてくれると思います。

わたしは、在学中、この本を教科書代わりに使用していました。なにか研究につまづくと、「鈴木敬先生だったらどう考えているのだろう?」「ヒントをください!」と思いながら、図書館へ行き、手に取っていました。

 

鈴木敬先生の研究の仕方や論文については賛否両論ありますが、

わたしは、鈴木敬先生が残して下さったものは大変大きいと感じています。

 

ご興味のある方は、手に取ってみてはいかがしょうか。